東京西徳洲会病院

  • 【お問い合わせ】042-500-4433

    代表 / 24時間対応

  • 【診療予約】042-500-4447

    予約センター / 平日9:00~17:00 土曜9:00~12:00

メニュー

診療科・部門案内

診療科・部門案内

睡眠呼吸障害科(睡眠時無呼吸症候群外来)

概要

睡眠時無呼吸症候群(Sleep apnea syndrome; SAS)は、睡眠中(7時間以上)に10秒以上の呼吸停止が一晩通して30回以上、または睡眠中に10秒以上の呼吸停止が1時間あたり5回以上認められる(おこる)ことと定義されています。

睡眠時無呼吸症候群の症状にはいびき、中途覚醒、夜間頻尿・起床時の頭痛やのどの渇き、日中の強い眠気・集中力の低下といったものがあり、そのまま放置しておくと心筋梗塞や脳卒中などの命にかかわる病気を発症する可能性が高まることが明らかになっています。
当院では、睡眠中に鼻から空気を送り込むことで気道を常に開いた状態に保ち、無呼吸や低呼吸が起こらないようにするCPAP療法を行っております。

疑いのある方は、一度受診することをお勧めします。

>>詳しくはこちら
※睡眠時無呼吸症候群(SAS)の紹介ページにリンクします。

受診の流れ

ご自身の眠さ判定をしてみましょう!

  • 座って新聞・本・雑誌などを読んでいるとき

  • 座ってテレビを見ているとき

  • 会議・映画館・劇場などで静かに座っているとき

  • 他の人の運転する車に休憩なしで1時間以上、乗っているとき

  • 午後に横になって休憩をとっているとき

  • 座って人と話をしているとき

  • 飲酒をせずに昼食後、静かに座っているとき

  • 自分で車を運転中に渋滞や信号で数分間、とまっているとき

判定する

あなたの眠さは・・・正常です

いかがでしたか?ここで中等度以上の判定結果になられた方には受診をおすすめいたします。ただし、眠さのない睡眠時無呼吸も少なくないことはお忘れなく。

担当医の紹介

瀧宮 顕彦
  • 部長
  • 瀧宮 顕彦(タキミヤ アキヒコ)
役職 部長
専門分野 内科
資格・専門医 医学博士
日本内科学会認定内科医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定指導医
日本温泉気候物理医学会 評議員
日本温泉気候物理学会温泉療法専門医
聖マリアンナ医科大学臨床検査医学講座非常勤講師
臨床研修指導医
出身大学 東京医科大学医学部(昭和57年卒)
経歴 神奈川県自然環境保全審議会委員

CPAPを使用の患者様へお知らせ

CPAPのデータはSDカードでお持ち頂ければ、当院で専用の機器を使いデータを取り込みます。
取り込みましたCPAPのデータは、電子カルテ内に転送し診察の際に医師は電子カルテで閲覧することができます。
診察の為にメーカーにお願いし、紙に印刷しお持ちする必要はありません。
(※ただし、当院で使用しているフィリップス社製のCPAPに限ります。)

>>CPAPデータ取り込みの流れ(PDF)

その他

受診に際しての注意事項

  • 当科では成人の睡眠呼吸障害を対象に診療を行っております。
    18歳未満の方につきましては、小児科での受診をお願い致します。
  • 当院は保険診療機関であり、非保険診療に当たる個人購入(輸入)されたCPAP機器の管理は行えません。
    また、CPAP機器の個人購入(輸入)を目的とした処方箋や診断書の発行はできません。

外来担当表