1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 83 146 191 455 744 1,203 2,021 1,708 548
年齢別区分合計7109名に対し 60歳〜16.9%、70歳〜28.4%、80歳〜24%、90歳〜7.7% となっており、4つの区分の年齢構成が全体の77%を示しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 60 31.67 20.84 28.33 81.8
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 30 17.2 12.58 26.67 73.83
0400801499x003 肺炎等(市内肺炎かつ75歳以上) 14 28.07 17.01 14.29 86
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 14 13.57 13.61 0 73.29
0400800499x00x 肺炎等(市内肺炎以外かつ75歳以上) 13 15.15 18.69 7.69 86.15
肺炎,慢性閉塞性肺疾患といった肺疾患が上位を占めています。他科と比べ、高齢の患者様が特に多い診療科となっています。
高齢の方の肺炎は重症化しやすく、最も症例の多かった誤嚥性肺炎(平均年齢81.8歳)は在院日数も長い結果となりました。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 88 8.68 9.79 2.27 73.98
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 26 5.5 2.63 0 70.08
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 20 19.65 14.62 15 62.2
060060xx97100x 胆嚢、胆外胆管の悪性腫瘍 15 15.27 14.49 6.67 76.87
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 13 6.31 8.27 0 73.69
当院では急性胆管炎の症例数が多く、胆管ドレナージや胆道ステント留置等の内視鏡的処置を行っています。
次いで件数の多い小腸大腸の良性腫瘍に対し、内視鏡的大腸ポリープ切除術などを行っています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 296 2.71 3.01 0 69.44
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 223 4.01 4.40 0.9 70.47
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 222 3.01 3.15 0.45 70.39
050130xx99000x 心不全 134 25.4 17.71 12.69 83.23
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発生合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 93 12.6 12.37 4.3 68.06
心疾患に対するカテーテル検査・治療及び経皮的冠動脈形成術の治療が上位を占めています。
心臓カテーテル検査の場合は短期入院となるため、全体的な在院日数が短くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 93 1.43 2.78 0 67.61
060150xx03xxxx 虫垂炎 82 4.7 5.45 0 44.5
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 82 10.15 8.89 8.54 68.71
060160x001xxx 鼠経ヘルニア(15歳以上) 80 3.83 4.85 3.75 68.3
090010xx02x2xx 乳房の悪性腫瘍 74 6.76 9.78 0 57.59
「乳腺腫瘍科」の患者数を合算して集計しています。
下肢静脈瘤などの静脈・リンパ管疾患が最も多い疾患となりました。
次いで虫垂炎の入院件数が多く、主に腹腔鏡を利用した手術を行っています。
鼠経ヘルニアや虫垂炎の入院では、クリニカルパスを積極的に用いることで在院日数の短縮化を図っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 53 10.26 14.10 0 37.89
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 19 42.11 25.94 36.84 85.21
160760xx97xxxx 前腕の骨折 15 5.27 5.54 6.67 49.27
160820xx97xxxx 膝関節周辺の骨折・脱臼 - 3.2 6.81 - -
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む。) - 16.75 27.40 - -
膝関節に関する疾患が最多であり、比較的若年層の方の症例が多くなっています。
次いで多い大腿骨骨折は、転倒リスクの大きい高齢の方の症例で占められています。また、ADL向上を目指し転院して長期的なリハビリを行うケースが多いことから、転院率が高くなっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 31 13.94 12.55 3.23 64.13
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 28 3.36 5.26 0 34.61
080250xx971xxx 褥瘡潰瘍 20 82.7 61.86 40 72.5
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 16 59.56 48.04 12.5 70.75
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 12 3.17 5.41 0 49.25
膿皮症に対する加療のための入院件数が最も多くなっています。
次いで、事故等による顔面損傷の入院件数が多い結果となりました。
褥瘡潰瘍や糖尿病足病変に対してはデブリードマンや植皮術を中心に行い、ケアを継続して行うことから在院日数が長期化する傾向があります。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日以内、かつ、JCS10未満) 25 24.16 16.13 24 61.44
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 16 18.88 11.86 6.25 71.69
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 10 34.5 18.81 40 72.4
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 - 20 7.34 - -
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) - 24.88 19.66 - -
入院件数の多い疾患は脳梗塞や非外傷性硬膜下血腫といった、外傷に因らないものが主となっています。
ADL向上を目指し長期的なリハビリを行うことが多い為、平均在院日数は長くなっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050161xx99000x 解離性大動脈瘤 13 17.54 17.34 0 67.46
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 12 25.67 23.77 8.33 72.67
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 - 31.67 27.88 - -
050080xx0112xx 弁膜症(連合弁膜症含む。) - 92.86 53.79 - -
050080xx0111xx 弁膜症(連合弁膜症含む。) - 33.33 36.47 - -
弁置換等の侵襲性の高い手術を行うため、手術を行う場合リハビリの期間を含め在院日数が長期化する傾向があります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 63 2.08 2.49 0 69.89
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 40 9.48 7.07 0 73.95
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 36 8.5 5.61 2.78 61.28
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 26 13.58 12.18 0 70.88
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 24 19.54 12.58 25 74.42
前立腺針生検法目的の入院が多くの割合を占めます。
また開腹手術に比べ侵襲性の低いTUR-BT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)やTUL(経尿道的尿路結石除去術)といった手術を主に行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 20 18 34 23 1 1 7.8
大腸癌 18 20 24 32 38 6 1 7.8
乳癌 62 71 15 4 20 2 1 6.7.8
肺癌 18 0 6 17 18 0 1 7.8
肝癌 2 0 4 7 10 1 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
2019年4月から2020年3月に一般病棟を退院した患者数を集計しています。
当院は乳癌の専門的ながん医療を提供し、地域の医療機関と連携して治療を行うことにより、地域のがん診療の中核的な役割を担う病院として「東京都がん診療連携協力病院」に指定されています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 6 6.33 49.33
中等症 69 29.26 77.78
重症 67 22.04 84.91
超重症 20 25.4 85.8
不明 0 0 0
成人市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人に発症する肺胞(はいほう:空気がたまるところ)の急性炎症です。
年齢が高いほど、在院日数の長期化や重症度が高くなる傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 109 47.05 73.85 23.67
その他 60 27.55 79.05 11.24
発症日から「3日以内」と、4日以上または無症候性(発症日なし)を「その他」として集計しています。
         
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K0022 デブリードマン(100㎝2以上3000㎝2未満) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
疾患上手術適応のない患者様が主なことや、各々の診療科にて専門的治療を行うことなどにより、内科領域における手術件数は少なくなっております。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 94 0.48 9.45 3.19 76.04
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝以上) 23 0 4.65 0 70.39
K654 内視鏡的消化管止血術 22 0.18 8.77 9.09 69.09
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの) 16 1.75 8.56 0 68.19
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 13 0 5.31 0 73.69
内視鏡を用いた手術が主になっています。
外来にて計画された予定入院のケースや、緊急性の高い疾患に対し入院後短期間で手術を行うケースが多いことから、平均術前日数が短い傾向にあります。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 175 3.19 4.26 2.86 71.28
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 75 1.28 1.96 0 68.64
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 73 1 8.16 8.22 72.82
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 46 0 14.22 4.35 68.09
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 34 0.32 10.79 2.94 68.79
狭心症や心筋梗塞等に対する冠動脈ステント留置術の治療、不整脈等に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術が多くの割合を占めています。
クリニカルパスに即した数日入院の患者様が主なため、術前後の日数の平均が短くなっております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 87 1.13 4.13 1.15 61.03
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 86 1.15 4.42 0 57.19
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 77 0 0.23 0 67.87
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 72 0.1 3.63 0 44.44
K6335 鼠経ヘルニア手術 71 0.79 2.34 4.23 67.15
「乳腺腫瘍科」の手術別患者数を合算して集計しています。
外科領域では急性胆嚢炎や急性虫垂炎などに対し腹腔鏡下にて手術を行ったり、下肢静脈瘤に対し加療を行っています。これらの疾患においてクリニカルパスに即した数日入院の患者様が主なため、術前後の日数の平均が短くなっております。
乳腺腫瘍科では短い入院期間で乳癌に対する手術や化学療法、放射線治療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K069-3 関節鏡下半月板縫合術 40 1 8.33 0 43.65
K0461 骨折観血的手術(大腿) 22 2.64 70.14 22.73 80
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 13 1 8.08 0 20.15
K0462 骨折観血的手術(前腕) 10 2.7 7.4 20 64.5
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) 10 0.2 1.1 0 36.7
骨折に対する観血的手術と関節鏡を利用した手術を行っています。
大腿骨骨折に関しては長期的なリハビリが必要となるため、平均術後日数が長くなっています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0022 デブリードマン(100㎝2以上3000㎝2未満) 36 6.39 54.5 16.67 68.92
K0841 四肢切断術(足) 16 17.81 58 18.75 77.19
K333 鼻骨骨折整復固定術 15 0.87 0.93 0 30.6
K0021 デブリードマン(100平方センチメートル未満) 11 14 28.18 18.18 78.64
K016 動脈(皮)弁術 11 26.27 47.55 18.18 73.27
褥瘡や潰瘍などの皮膚疾患に対する手術や、壊死に対する切断術、外傷に因る鼻骨骨折に対する固定術を行っております。
褥瘡・潰瘍に対してはケアを継続して行う必要があることから、術後の平均日数が長い傾向が見られます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 2.65 16.24 11.76 73.47
K093 手根管開放手術 - - - - -
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓切除) - - - - -
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) - - - - -
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -
当院では慢性硬膜下血腫に対する手術を主に行っています。術後は経過を見ながらリハビリを行うケースが多くなっております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 16 6.19 41.69 6.25 73.25
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
K560-22ニ オープン型ステントグラフト内挿術(上行・弓部同時、その他) - - - - -
K5552 弁置換術(2弁のもの) - - - - -
K5601ニ 大動脈瘤切除術(上行)(その他) - - - - -
心臓の弁や大動脈に関わる手術を行っております。
術後は一定期間の経過観察と中長期的なリハビリを要することが多いため、術後日数が長くなっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 39 3.28 6.69 2.56 61.72
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 39 3.77 7.08 0 74.1
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 38 0.45 10.84 7.89 72.92
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 26 1.08 11.5 0 70.88
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -
TUR-BT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)やTUL(経尿道的尿路結石除去術)による、尿管結石症や悪性腫瘍に対しての手術が多くを占めています。また、腹腔鏡や手術支援ロボットを活用することにより、退院までの期間が短くなっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.03
異なる 8 0.11
180010 敗血症 同一 39 0.55
異なる 38 0.54
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 1 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 28 0.4
異なる 3 0.04
合併症への細心の注意はもとより、手術・処置にて起こり得る合併症への説明と同意をいただいています。
更新履歴
2020年9月
令和元年度の病院指標を公開しました。