スタッフインタビュー

作業療法士(2021年度入職) 新井

OTを目指したきっかけは?
中学3年生の時に看護師の母親から紹介されたことがきっかけで、リハビリのことについて調べるようになりました。
理学療法士、言語聴覚士も一通り調べましたが、作業療法士の趣味活動や工作などを作業活動をプログラムに取り入れ、リハビリを行うという点に一番興味が惹かれました。また、私は子供が大好きなのですが、作業療法は成人だけでなく、発達に遅れが生じている子供のリハビリを行えることも作業療法士を目指したきっかけの一つです。
働き始めて感じたことを教えてください!
知識、技術を持つことはもちろんですが、作業療法士は患者様と直接かかわる仕事のため、最低限のマナーや言葉遣いがとても大事だと思いました。
また、他職種連携においてもマナーや言葉遣いは重要だと感じます。
自分はまだ至らない点が多々あるので、先輩方の患者様との関わり方を見て勉強させてもらっています。
仕事は忙しいですか?
仕事はとても忙しいですが、患者様の状態が改善したり、感謝の言葉を頂けたりするととてもやりがいを感じます。悩むこともたくさんありますが、先輩方に相談しやすい雰囲気なので、アドバイスをもらったり元気づけてもらったりして乗り切っています。
勉強方法を教えてください!
日々の臨床で疑問に思ったことや何をしたらいいか分からないときには、先輩方に聞いたり、家で調べたりして解決するようにしました。時には同期の方々に協力してもらい、実技の練習も行っていました。
学生のみんなへ!
実際に作業療法士として働かせていただき、同じ作業療法士でも人それぞれ考え方やアプローチ方法が違い、とても奥の深い職業だと実感しています。私は「私のなりたい作業療法士」になるために頑張ります。学生さん達も課題や実習でとっても大変だと思いますが、頑張ってください。応援してます!
そして、当院の入職を考えてみてもらえると幸いです。

言語聴覚士(2019年度入職) 笹本

STになってよかったなと思うことは?
話しやすくなった、言葉が出るようになった、食べられるようになったなど元気になられていく患者様の姿を見られた時にSTとして患者様に関わることができて良かったと思います。
成長したことは?
資格としては、がんリハビリテーションの講習を受けさせていただきSTとして携わることができる患者様の幅が増えたことが大きいと感じています。

技術、知識面においては、まだまだ学ぶことが多く、成長できたと自身で実感する機会は少ないです。しかし仕事の中で他職種や患者様とのコミュニケーションの大切さを学びました。一人の患者様に関わることができる時間は一日数十分と限られているため気持ちや状態の変化に気が付きにくいです。また一人ひとり症状が違うため訓練内容に迷うことがあります。そのため日々他職種と情報共有をすることや周囲に相談することがとても大切だと考えるようになりました。
院内での業務を教えてください!
成人、小児の2つの分野に携わっています。成人では主に入院の患者様を対象に嚥下機能、構音・音声機能、高次脳機能の評価及び訓練を行っています。当院では嚥下機能の訓練が必要な患者様が多く、食事形態の調整、VFやVE検査の実施などに携わる機会も多くあります。またNST(栄養サポートチーム)、摂食嚥下回診、カンファレンスへ参加し他職種との連携を図っています。外科、内科など診療科に関わらず様々な疾患の患者様に介入します。小児では外来で就学前の幼児を対象とした言語訓練や構音訓練を行っています。
アフターファイブの過ごし方を教えてください!
帰宅後は節約のために自炊をしたり、好きなテレビを見たり、本を読んだりして過ごしています。早めに帰ることができた日は体を動かすことが好きなので卓球やランニングをしたり、同僚や友人とご飯を食べに行ったりしています。
学生のみんなへ!
入職三年目で新人教育に関わらせていただきました。自分には思いつかなかった質問や、以前経験したことのある疾患でも訓練内容などを改めて一緒に考える機会が多くあり日々刺激を受けています。

自分自身が入職した際に相談がしやすい環境であったこともあり普段から相談や意見交換がしやすい雰囲気でありたいと考えています。

急性期のリハビリとして他職種と連携しながら様々な経験ができる環境です。

是非一度見学にきてみてください!

理学療法士(2017年度入職) 坂本

PTになってよかったなと思うことは?
病気や怪我で入院する患者様は今後のことで不安で押しつぶされそうになる方がたくさんいます。そういった方々が理学療法で入院前と同等の運動機能を再獲得できると、動ける喜びと共に社会復帰に向けて治療を「受動的」から「能動的」に受けることへと変わる方がたくさんいます。その様な気持ちの転換期に立ち会えるのが理学療法士になってよかったことです。
成長したことは?
当院に就職して5年経過しますが一番成長したと感じることは「物事を俯瞰で見ること」です。

患者さんの治療はもちろんですが、後輩との関わり方など目の前のこと以外にもなぜそのような事をするのか、なぜその様に思うのかを積極的に考えるようになりました。そうすることで目の前の物事の背景を知れるようになり、自分の行動や発言に自信を持てるようになりました。
院内での業務を教えてください!
私は現在フロアリーダーを担当しており、臨床業務の他に他スタッフの単位管理や後輩指導、委員会、カンファレンスへの参加を行っております。臨床業務以外の場面では他課と関わることが多く、中には理学療法士の仕事をわからない人も多いのでいいアピールの場となっております。
アフターファイブの過ごし方を教えてください!
家でゲームをしたり漫画を読んだりゆっくりしています。休日には近くでフットサルを行ったりもします。アフターファイブはできる限り仕事のことは考え無い様にして頭と体をリフレッシュしています。
学生のみんなへ!
就職すると評価実習や臨床実習では行わなかったことが必要とされる機会がたくさんあります。

しかし、すべては学生の頃に学んだことや思考にヒントが必ずあります。なので、まずは日々の学校での生活や勉強に全力で専念してください。

このHPを見てくださった学生と当院で一緒に働けると嬉しいです。