血液浄化センターの紹介

血液透析・急性血液浄化療法・アフェレーシス治療を担っています。急性血液浄化療法は多臓器不全や敗血症など重症な病態に対して行われる治療で、24時間連続して集中治療室で行います。アフェレーシス治療は閉塞性動脈硬化症や関節リウマチ、潰瘍性大腸炎などの特殊な病態に対して行われる治療です。

血液透析は天候・祝祭日に関わらず週3回、別館4階の血液浄化センターへ通院が必要です。自家用車で来院される方には駐車場を用意しております。通院が困難な患者さまには無料送迎バスを提供していますが、送迎バスの利用は御自身で乗降可能な方に限ります。
患者さまの病態に応じて血液浄化療法の種類(HD、I-HDF、online-HDF、ECUM)、透析機器を使い分け安全で質の高い透析治療が提供できるよう日々医療チームで話し合い工夫しています。感染対策にも万全を講じ、各種合併症(シャント不全や心筋梗塞、脳卒中、骨折など)に対して総合病院として他科の協力の元対応可能です。