患者様の権利と責任について

東京西徳洲会病院では、当院で行われる医療が十分に説明され、患者様が十分に理解、納得され、同意された上で、治療が行われることを基本としています。病院と患者様が信頼関係で結ばれた医療を行うために、患者様の権利と責任についてご説明します。

最善の医療を受ける権利

患者様は生命の尊重と人間愛に基づいた、最善の医療を受ける権利を有します。

知る権利

患者様は病名、症状、予後、検査と治療の内容と危険性、薬の効果と副作用などについて十分に理解できるまで説明を受けることができます。患者様は、治療に要する費用や、費用の明細について説明を受けることができます。

自己決定の権利

患者様は緊急時などを除き、十分な情報と助言を得た上で、ご自分の意志で検査、治療などの医療行為に同意、または拒否する権利を有します。その場合、医学的にどのような結果になるかを知る権利を有します。また、患者様は紹介状を請求し別の病院にかわること、及び患者様の求める他の医師の意見を聞くこと(セカンドオピニオン)ができます。

プライバシーが保護される権利

患者様は本人の同意なしには、個人の情報を直接医療にかかわる医療従事者以外の第三者に開示されない権利を有します。

参加と共同の責任

これらの権利を守るため、患者様は医療従事者と力を合わせて医療に協力参加する責任があります。

「患者相談窓口」のご案内

「患者相談窓口」では、当院の患者さま・ご家族の皆さまからのご相談やご意見をお伺いしています。ご心配なこと、お困りのこと、お気づきのことがございましたら、お気軽にお立ち寄り下さい。皆さまに安心して診療を受けていただけるよう、お手伝いさせていただきます。また、ご相談を通じて知り得た個人情報は、守秘するとともに、患者さまが相談したことで不利益を被ることがないように十分に配慮いたします。そして、病院のサービス向上に役立てていきます。

相談窓口の詳細はこちら