職業倫理指針・臨床倫理指針

職業倫理指針

  1. 自らの責任と義務を自覚し、品位を保ち、人格を高めるよう努める。
  2. 最善・最良の医療が提供できるように自己研鑽に励み、医療水準の向上に努める。
  3. 職場内外の医療者の専門性を尊重し、チーム医療を行い、適切な医療連携を図る。
  4. 知り得た個人情報の保護を徹底し、守秘義務を遵守する。
  5. 医療の公共性を重んじ、医療を通して社会の発展に尽くす。

臨床倫理指針

  1. 患者さまの人格、信仰、意思等を尊重し、説明と同意に基づく患者さまの自己決定を優先する。
  2. 患者さまの利益を最優先とし、公正な医療を提供する。
  3. 患者さまのプライバシーを尊重し、守秘義務の遵守と個人情報の保護を徹底する。
  4. 院内の各種委員会(倫理委員会、法令順守委員会等)での審議結果に法った医療を提供する。