東京西徳洲会病院の初期研修について

総合的な対応力の習得

東京西徳洲会病院の臨床研修は、地域における医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、日常診療において遭遇する様々な疾患・病態に対応できるゼネラリストとしての実力をつけることを目的とする。

初期研修における到達目標
  1. プライマリーケア:救命救急を基本とした日常診療における患者様の病態を把握し、対応力を身につける。
  2. 患者・家族への理解:患者とのコミュニケーションを通じて患者・家族の心理的、社会的背景を把握し、対応ができる。
  3. チーム医療の理解:チームとして医療を行う必要性を理解し、コメディカルと協同して日々の研修に努める。