形成外科

外来診療予定表

今月の外来診療予定表一覧

概要

形成外科

顔面・手足など体表における先天異常の治療から、顔面骨骨折や手足の外傷、熱傷および瘢痕(傷のひきつれ)やケロイドなどの創傷外科領域の治療を行っています。また乳癌切除後の乳房再建や、皮膚腫瘍切除の再建に至るまで幅広い領域をカバーする外科学です。局所麻酔下で粉瘤やホクロに代表される皮膚腫瘍の切除や、眼瞼下垂症手術・陥入爪(巻き爪)手術なども当科で行っています。2008年4月より常勤体制による診療がスタートし、現在は常勤医師3人・非常勤医師4人の計7人体制で診療にあたっています。全身麻酔の手術が必要な方は入院していただきます。眼瞼下垂症手術や陥入爪など局所麻酔で可能な症例は当院の日帰り手術センターを利用し、手術を行っています。

フットケア外来

糖尿病性壊疽、閉塞性動脈硬化症を背景とした “足の傷”専門の外来です。

血流評価、血行再建、手術から装具作成まで、下肢救済に関するすべての治療を行います。

毎週木曜日 9:00-18:30

靴擦れや爪白癬、ちょっとしたキズが悪化してしまうことが下肢切断の原因になります。
糖尿病、透析などのリスクをお持ちの方の足に傷があったら、ぜひ早めに専門外来受診を勧めてください。
適切なフットケアで下肢切断は予防できます。

お問い合わせ

東京西徳洲会病院 形成外科
診療受付センター 042-500-4447
(フットケア外来の予約とお申し付けください)

ボツリヌス外来

毎週木曜日 9:00-18:30

脳卒中や頭部外傷、脊椎損傷などによる後遺症により手足がつっぱることを痙縮といいます。当院ではボツリヌス(筋肉の緊張を和らげる薬剤)で治療しています。
注射により筋肉の緊張が解除され、手が開きやすくなったり、歩きやすくなったなどの日常生活の動作の改善が期待されます。
当院では、ボツリヌス療法と併用してリハビリテーションを行っております。興味もしくは希望の方は一度外来へ受診してください。
診察日は、毎週木曜日(終日)の外来になります。医師の診察のうえ治療の運びとなりましたら、投与日の予約とリハビリテーションの受診を行います。投与後は1ヵ月後に再度受診してもらいます。その間に希望があればリハビリテーションを受診してもらいます。その後効果をみて、次回以降の投与をするか相談します。2-4回投与が推奨されます。

お問い合わせ

東京西徳洲会病院 形成外科
診療受付センター 042-500-4447
(ボツリヌス外来の予約とお申し付けください)

担当医

当科は私も含め皆若いドクターですが、患者様とのコミュニケーションを大事にし、患者様にとって最善の医療をご提供して行きたいと考えています。
形成外科は皆様にとってまだまだ馴染みの少ない診療科ではありますが、これからも地域医療に根付いた診療を行っていく所存です。
今後とも当院形成外科を宜しくお願いいたします。

山崎 和紀 形成外科部長

経歴

平成13年 杏林大学医学部 卒業
杏林大学病院形成外科 勤務

資格
  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容皮膚科学会 正会員

寺部 雄太 医師

奈良 誠之 医師

経歴

平成26年 順天堂大学医学部卒業

鬼塚 彩由美 医師

木下 幹雄 非常勤医師

経歴

平成13年 東京大学医学部卒業

資格
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本創傷外科学会専門医
  • 日本褥瘡学会評議員
所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本創傷外科学会
  • 日本フットケア学会
  • 日本下肢救済足病学会
  • 日本褥瘡学会
  • アジア創傷治癒学会
  • 世界創傷治癒学会
  • 日本顎顔面外科学会
  • 日本マイクロサージャリー学会
  • 日本顔面神経研究会

芝﨑 由佳 非常勤医師

経歴

平成21年 杏林大学医学部医学科卒業

診療実績

平成28年度 主な治療症例

皮膚腫瘍摘出術 172 デブリードマン 120
皮膚皮下腫瘍摘出術 106 四肢切断術 51
陥入爪根治術 39 鼻骨骨折徒手整復術 38
皮弁形成術 35 眼瞼下垂根治術 29
観血的整復固定術 26 四肢切断術 21
分層植皮術 19 全層植皮術 16
末梢バイパス手術 12 骨切り術 10
瘢痕拘縮形成術 9 異物除去術 8
ゲル充填人工乳房挿入術 7 乳房再建術 7
エキスパンダー挿入術 6 腱縫合術 6
広背筋皮弁移植術 6 切開重瞼術 6
皮膚悪性腫瘍切除術 5 涙道形成術 5
ピンニング 4 環状切開術 4
自家遊離複合組織移植術 4 粉瘤切除術 4
内シャント造設術 4 ガングリオン摘出術 3
挙筋前転術 3 血管移植術 3
神経縫合術 3 断端形成術 3
皮膚有毛部切除術 3 血栓除去術 2
ストリッピング術 2 骨髄掻爬術 2
耳瘻孔切除術 2 尿膜管摘出術 2
皮膚、皮下、粘膜下血管腫摘出術 2 皮膚皮下脂肪摘出術 2
複合組織移植術 2 瘻孔切除術 2
臍形成術 2 その他 63

その他

ごあいさつ

形成外科は、体の表面のけがや異常を外科的な手技を用いて修復することを専門としています。体の表面の異常は、機能的な側面のほかに、見た目の問題も非常に重要であり、形成外科の患者様は病気のことだけではなく、精神的な苦痛を伴っている方が多いものです。私どもは、患者様とのコミュニケーションを大事にし、患者様にとって最善の医療を提供してゆきたいと考えております。
お困りのことがありましたら、遠慮なくご相談ください。

ご紹介時の留意事項

地域医療連携について

WOCナース(皮膚排泄ケア認定看護師)さんを募集しています。

私たち形成外科は、年々増加しつつある糖尿病患者様や透析患者様が抱える、下肢を中心とした創傷全般の問題に対応すべくセンター化を視野に入れた組織再編に取り組んでおり、その一環と致しましてWOCナース(皮膚排泄ケア認定看護師)を募集いたしております。

東京西徳洲会病院
〒196-0003 東京都昭島市松原町3丁目1-1
TEL:042-500-4433(代)  FAX:042-500-4434(代)