歴史・実績(件数)

歴史

平成17年 9月 東京西徳洲会病院が開院。
開院とともに、『循環器センター・循環器内科』として稼働を開始した。
平成20年 10月 心臓血管外科の開設
平成21年 4月 堂前洋(ドウマエヒロシ)循環器科部長&循環器センター長の赴任。
徹底した改革により、徳洲会理念『断らない医療』を本格実践。365日24時間オンコール体制を確立した。
年間500件に迫るカテーテル治療(PCI)件数となる。
平成22年 4月 循環器専門医研修施設に指定される。
平成22年 10月 心臓専用カテーテル検査室を増設。(1室→2室)
平成23年 4月 日本心血管インターベンション学会(CVIT)研修施設に指定される。
平成23年 9月 ロータブレーター治療施設に指定される。
平成24年 9月 ICD,CRT-D認定施設に指定される。
平成25年 4月 東京都CCUネットワークに参入した。

東京都CCUネットワーク
急性心血管疾患(急性心筋梗塞、狭心症、心不全、不整脈、大動脈瘤、肺塞栓等)の疾患に対し、迅速な救急搬送と専門施設への収容を目的に1978年に東京都で組織されました。
2015年現在は当院を含む71施設が加盟し東京消防庁、東京都医師会、東京都福祉保健局と連携体制をとり24時間体制で対応しています。
公式サイトを見る

実績

総カテ数

冠動脈造影検査、下肢動脈造影検査、心臓電気生理学的検査、透析シャント造影・治療、ペースメーカー植え込み術など

総カテーテル治療件数

PCI総数

急性心筋梗塞患者・緊急カテーテル治療件数

FFR(冠血流予備能比)測定件数

カテーテル治療が本当に必要な病変なのかどうか、冠血流予備能比(FFR)/血管内超音波(IVUS),光干渉断層法(OCT)を最大限に駆使しつつ、詳細な観察、診断を行う。その後、必要と判断されれば、カテーテル治療を施行する。
特にFFRの積極的な活用により、不必要なカテーテル治療をなくす努力を行っている。
安定した狭心症に関しては、ほぼ全例、FFRか核医学検査で、事前にカテーテル治療可能かどうかチェックする。(急性心筋梗塞、不安定狭心症は除く)

不整脈カテーテル治療件数

当院における『心房細動』カテーテル治療の成績

成功率 発作性(持続時間が7日以内) 1回目 95%、2回目 99%
    持続性(7日を超える) 1回目 100%
    長期持続性(1年を越える) 1回目 50%、2回目 100%

総PTA件数

下肢動脈硬化症のカテーテル治療中(橋冨裕医長)

アブレーション

心房細動のカテーテル・アブレーション治療中(堂前洋部長)